常総100km徒歩の旅 スタッフ活動日誌

     常総100km徒歩の旅の準備活動の様子などをお伝えしていきます。

常総100km今日この頃

こんにちは!
2014年新しい年が始まりましたね(´∀`*)
常総100km徒歩の旅は今年度で第8回を迎えます!
ここまで継続できているのは、地域の方々のご協力と
参加してくれる子どもたちの元気なエネルギーのおかげです♫
そしてこれからも皆さんのことを応援しています!

さて、昨年末からスタッフは、新しいスタッフメンバーを募集しています。
ブログを見ているそこの君!この夏、一緒に100km歩いてみないかい!?
筑波大学を始め、いろんな場所で説明会を行っています。
ホームページやFacebookページを見てみてください!

カレンダー(月別)

02 ≪│2014/03│≫ 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Facebookページ

Welcome!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 第9回スタッフ募集説明会 in 白山公民館

こんにちは!

遅くなりましたが、3月2日(日)11:00~12:00に、取手白山公民館で行われました
第9回スタッフ募集説明会の様子をお届けします。

お届けするのは、司会を務めました
東洋大学4年 秘めたる可能性を発揮する男日本一 品川力也(りっきー)です。

IMG_6674.jpg

今回の説明会には、3名の方がお越しくださいました!


■ 開会宣言
筑波大学大学院2年 向上心日本一 山梨晴香(はるか)

IMG_6679.jpg

今年で学生スタッフを卒業してしまいますが
この事業の素晴らしさを伝えたいという想いが強く込められた開会宣言でした!


■ アイスブレイク
説明会の雰囲気を和らげるために、
アイスブレイクで「どびん・ちゃびん・はげちゃびんゲーム」を行いました!

IMG_6684.jpg

「どびん・ちゃびん・はげちゃびんゲーム」とは
数人でグループを作り、グループ内の1人が「どびん」と自分以外の人を指をさしてゲームが始まります。
「どびん」と言われた人は、次は「ちゃびん」と言いながら別の人に指をさします。
「ちゃびん」と言われた人は、「はげちゃびん」と言いながら別の人に指をさします。
「はげちゃびん」と言われた人は、手を1回叩き、一番最初の「どびん」と言いながら別の人に指をさします。

テンポよく、つまることなく、「どびん・ちゃびん・はげちゃびん」と続けていけるかどうかが問われるゲームです。
説明だけ聞いていると、一見単純に思われるゲームですが、やってみると意外と難しいものです。

IMG_6690.jpg

まずはデモンストレーションで、スタッフがやって見せますが苦戦しています。

IMG_6700.jpg

参加者とスタッフを交えてやってみました。
最初は苦戦していましたが、何回かやっていくにつれて、チームワークが向上し、
速いテンポで「どびん・ちゃびん・はげちゃびん」と言っている光景が見られました。


■ 事業説明
跡見学園女子大学3年 努力し自分を輝かせる女日本一 稲葉沙希(いな)

IMG_6722.jpg

IMG_6732.jpg

今年度、学生スタッフ3年目になるいな自身が、
100km徒歩の旅を通じて得た経験や学び、成長を熱くプレゼンしてくれました。


■ 活動紹介
千葉大学3年 未来を変える行動力日本一 沖田明美(あけ)

IMG_6736.jpg

常総100km徒歩の旅の1年間の活動内容、
8月の本番までに向けての準備内容や役割など、
初めての方でもイメージしやすくプレゼンしてくれました。


■ DVD上映

100km徒歩の旅、本番5日間のイメージをつかんでもらうために
本番の様子を記録した15分間のDVDを上映しました。

IMG_6745.jpg


■ 代表挨拶
運営協議会会長 大いなる和を育む男日本一 角田知巳

IMG_6758.jpg

常総100km徒歩の旅のスタッフとして参加することの魅力を、お話してくださいました。


■ 閉会宣言
明治大学3年 志高く生きる男日本一 向中野大志(たいし)

IMG_6761.jpg

「生憎の天気で、お足元の悪い中、お越しいただきありがとうございました。」
と、たいしの心配りの挨拶で今回の説明会は終了しました。

スポンサーサイト
  • 発足!『常総100km徒歩の旅 OBOG会』

こんにちは!
2014,3/16、ついに『常総100km徒歩の旅 OBOG会』発足いたしました!

その報告ブログを担当いたしますのが、初代会長に任命いただきました「みっちぇる」こと坂田雄太郎です。
よろしくお願いいたします。
IMG_2387_convert_20140318104102.jpg
※総会後の懇親会の様子です。お世話になった居酒屋さんの照明がかなりシックだったため…表情が分かりにくくてすいません。

本会は、「常総100km徒歩の旅」の①健全なる発展に寄与すること、および②OBOGの生涯学習の場、として発足いたしましたものです。
学生時代の熱い夏を一緒に過ごした同志たち。年代や参加した年が違っても、すぐに溶け合うことが出来る素晴らしい仲間たちです。そのような唯一無二の出会いを果たした仲間たちと、ずっと切磋琢磨出来るような、そのような空間を伝統として持っている団体として在り続ける、その礎を築いてまいります。

現在このOBOG会に登録いただいている諸先輩がたは80名を超え、初の総会には25名のスタッフが集まってくださいました。
上は、08年経験者の社会人から、13年が最初で最後の参加だった新社会人まで年齢もさまざま。
「常総100km」というキーワードで新たなつながりが生まれていることをうれしく思います。

また、嬉しく思うと同時に、その会の会長であるというプレッシャーに押しつぶされそうです…笑

多くの方々の力添えをいただきながら、しかるべき目的を胸に刻み、頑張っていきますので、よろしくお願いいたします。


  • 第8回常総100km徒歩の旅2014 第6回わくわくスタッフ会議

毎度当ブログのご愛読ありがとうございます。
3月16日に取手市白山公民館にて行われました、スタッフ会議の様子をご紹介します!
司会を務めた、筑波大学大学院1年、想いに寄り添う男日本一、2年目スタッフのいっきーが執筆致します。
CIMG1375.jpg

2013年の第14回スタッフ会議以来2度目の司会でした。
あれから9ヶ月が経ち、あの時よりも落ち着いて進行でき、100kmでの成長を感じながら司会をすることができました。
僕にそんな充実感を与えてくれた会議の内容です!わくわくしながらご覧ください。

■開会宣言
日本大学4年、人の喜びを共有し、自分の活力にする男日本一、3年目スタッフ、ぴくみん
CIMG1249.jpg

4月から西日本で働くことになった。Facebookで報告したら関西の100kmの仲間からたくさんの連絡をもらった。そんな全国に輪が広がる100kmにしていこう。



■運営協議会会長挨拶
会長の角田さんがお仕事の関係で来られなかったため、
会計を務める直樹さんから挨拶をいただきました。

創造力日本一、阿部直樹会計
CIMG1253.jpg

OBOG総会が開かれる記念すべき1日。8年間の歴史を感じる。先月の主催者研修にもはるかやくす、みっちぇるらが参加してくれたことも嬉しかった。自分たちの代から新たな代へ受け継いでいってもらいたい。
今やっているスタッフ募集は社会に出てすごく力になる。100kmを売り込んでいくこと。多くの人を巻き込んでいくというのもリーダーシップの一つ。輪を広げていきましょう。



■3分間セミナー
本日も多くのスタッフが積極的に挙手をした3分間セミナー
CIMG1271.jpg


6人の学生スタッフとOBスタッフ1名からスピーチしてもらいました!

筑波大学1年、1年目スタッフ(!!)、ビネ
CIMG1258.jpg

サークルで京都に行った時の話。
夜行バスで友達とお菓子のやり取りがあった。友達にあげたら「もらってもいいの?」と言われた。そういう食べ物を通したやりとりって仲良くなれるしいいキッカケになると自分は思っていた。しかし友人は「貰うの悪い気がする」と言っていた。
その時高校時代のことを思いだした。高校時代は自分に自信がなくて友達が自分と一緒にいるのは義務感じゃないかと思っていた。友達に聞いたら好きじゃないと一緒になんていないよって言ってもらえた。
お菓子をあげるのも一緒に居るのもやはり根底にあるのは仲良くなりたいという気持ちなんだなと思った。



東洋大附属牛久高校3年、初参加(!!)、マーチン
CIMG1263.jpg


マーチンは用事があって自己紹介のコーナーの前に帰らなくてはならないため、ここで自己紹介をしました!


小学校の頃牛久沼を1周するものを体験して楽しかった思い出があって今度は似たようなことでスタッフとして活動したいなと思っていた。子どもが好き。副部長とかを経験したので前に出ることも好き。頑張って行きたい。



明治大学2年、ブレない男日本一、2年目スタッフ、みのわまん
CIMG1265.jpg

本紹介「99.9%は仮説」→(光文社のページ

常識も全ては仮説。その時代や人によって変わってくる。
望遠鏡を作ったガリレオはみんなに望遠鏡を覗かせて見たらすごいとなった。でも月の表面のクレーターが見えた時、当時月(=天)は綺麗な形と信じられていたため、望遠鏡は間違っていると言われた。
どんなにすごい人でも「月は綺麗」という常識に囚われていて、その仮説を越えられなかった。
「常識は違う」ということを理解し共有することが大切。
相手の意図がわからなかったらその人の常識を聞いてみるといい。



獨協大学3年、2回目の参加(!!)、わかちゃん
CIMG1268_20140317161247e0d.jpg

花粉症が今大変。天気がよくて外に出たいんだけど花粉症で出れないのが悔しい。マスクに化粧がつくのが嫌なので工夫をしている。
就活をしている。適性テストで数学ができなくて悔しい。そして親知らずが生えてきてしまったけど面接があるから抜けない。
後悔しないように早めに準備をすることが大切。



筑波大学4年、1年目スタッフ(!!)、めけて
CIMG1274.jpg

好きなゲームの話。スパイダソリティアについて。
スパイダソリティアが好きな理由は「人生の縮図」が隠れている気がする。難易度によっては元からクリアができなかったりすることがある。人生も生まれた地域などでできることが決まっていることがある。でもその与えられた中で自分どう頑張るかが大事。今できることをしっかりやること。
実はスパイダソ(!!!)リティアにはやり直しボタンがある。きっと人生にもやり直せることがあるはずだから、まずチャレンジすることを意識していきたい。



秀明大学4年、夢に生きる男日本一、5年目スタッフ、たっち
CIMG1277.jpg

もうすぐ卒業します。4月からは小学校でTTをし、算数だけを教える。
勉強というのは知識を得るという要素があるが、知識が邪魔になることもある。
この式の法則はなんでしょう。幼稚園生はすぐわかるけどプログラマーは1時間解けない
1230=1
0819=4
1111=0
5839=?
知識に邪魔されない柔軟な思考ができるようにしていきましょう。

(※答えは追記にて)

OBスタッフ、何事も真摯に受け止める男日本一、ふじ
CIMG1279.jpg

塾で働いている。今度から新校を立ち上げる。その室長を任された。
新しい塾を立ち上げるのに生徒集めをやった。東京や他の塾と比べ人数が多く集まった。何をやったかといえばスタッフ募集でやったビラ配りなど。100kmでやることは本当に社会に通用するということを身をもって実感した。



■団長情熱講話
いっぱいの人にいっぱいの感動をどうしても伝えちゃう男日本一、田島浩太団長
CIMG1282.jpg

人が集まる集まらないは団長の熱意による、と直樹さんに言われた。やはりリーダーの熱意が大切。
記憶に残る事業にしていきたい。参加の目標人数が多い。でもその準備は大切。やはりその分子どもたちの命を預かるということをきちんと意識していかなければならない。
イベントの準備ではなく自己成長の場。そういう意識をするにあたって「日本一宣言」が大切。なりたい人間像や目標が明確になるからここに来るべき理由が生まれる。学校に行く理由も卒業するためではなく「その日この授業でこんな楽しい話を聞けるかも知れない」という心持ちで行けば全然違う。ここの場もそう。自分の「存在価値」を作る。日本一宣言は自分の価値観に基づく。人に何を言われたではなく、自分がこうなりたいというもので付ける。だから変わってもいい。
うまくいかないこともたくさんあるかもしれないけれどたくさんの人と関わりを持って共有することが大切。社会に出ていく人も自分を輝かせるために頑張って欲しい。
ここからまたエンジンをかけていきましょう!!!



■新規わくわく自己紹介
進行は、麗澤大学2年、耳を傾け手を差し伸べる男日本一、2年目スタッフ、やまぴー
CIMG1285.jpg

これからの季節、自己紹介をする機会がたくさんあると思います。リピータースタッフは100kmの話をしがち。でも自分は他にも色んな面がある。相手に自分を知ってもらうためにいろんな自分の話をしてみましょう。



本日自己紹介をしてくれたのは3分間セミナーでしてくれたマーチンを含めて2人!
あとの1人がこの人!

くわっちょ
CIMG1289.jpg

説明会のスライドや動画で100kmの子どもたちの顔を見て輝いていると思った。そして子どもが好きな人と関われるのは嬉しい。



■わくわく研修:「100kmとわたし」
担当:筑波大学大学院2年、向上心日本一、5年目スタッフ、はるか
CIMG1314.jpg

「なぜ私は100kmをやっているのか」をスタッフ一人ひとりが深めていく研修でした。

100kmに何を求めているのか。これらは自分の中で明確である必要がある。また明確でなければ考え続ける必要がある。
それが100kmに足を向かせる理由であり、努力する糧になるから。
100kmでも日常生活でも「目的意識を持つこと」そして「本気で議論すること」が何よりも大切。



■スタッフ募集MTG
担当:スタッフ募集班班長、バンタンデザイン研究所1年、世界中を幸せにしちゃう女日本一、4年目スタッフ、ちゃっきー
CIMG1337.jpg

今回も隊毎に分かれて今後のスタッフ募集活動についての話し合いをしました!
CIMG1350.jpg

CIMG1347.jpg

残り1ヶ月ほど。スタッフの目標人数を集めるために、各隊が色々考えて活動していきます!

■総括
社会人スタッフ、共に育つ男日本一、ゆーきさん
CIMG1359.jpg

段々と人が集まってきた。OBOGにとって分からない人が増えてきたが、それでいい。新しい人たちが100kmをやってくれるのを楽しみにしている。
せっかくOBOGがいるからサポートしていきたいと思っている。ただ、あくまでも主役は子ども、主体は学生なのででしゃばらずに関わっていきます。



■閉会宣言
筑波大学1年、ビネ
CIMG1364.jpg

帰国子女の友達が言っていたが、アメリカでは手を挙げてない方が恥。「手をあげない」というのは「意見がない」ということだから。100kmでもそういう意識で積極的に手を挙げていきましょう。




また、この日はスタッフ会議と並行して、「第1回OBOG総会」というものが同会場別室にて開催されました!
CIMG1353.jpg

詳しいことは後日そちらを担当した みっちぇる より当ブログにて報告いたします。
ご期待ください!

2013年の第5回のスタッフ会議に初参加してから早いものでもう一年が経ちました。
新スタッフも増え、あの時とはメンバーもだいぶ変わっていますが、あの時の気持ちも忘れずにこれからも100kmに携わっていきたいですね。
今年もこれからの準備期間、そして夏の100km本番に待ち構えているたくさんのドラマを楽しみに頑張っていきます!
以上いっきーでした!
  • 【ポスター隊】ポスター貼りツアーに行ってきました!☆

お元気様です!
常総100km徒歩の旅の学生スタッフみゆみゆ(麗澤大学4年)です!

いやー!今日はすごく天気が良くて気分がルンルンになりますね!


只今「常総100km徒歩の旅」では、2014年度の本番に向けたスタッフ募集活動を積極的に行っています!
今この瞬間も、スタッフ1人1人が自分たちができることに真剣に向き合って頑張っています☆

今日は、そのスタッフ募集活動の一部をお伝えしたいと思います!
スタッフ募集活動では、今年は「隊」と呼ばれるグループを作って各隊が主体的に動いています。

今回紹介するのは…【ポスター隊】
隊長はいっきー(筑波大学大学院1年)です☆
多くの人に「常総100km徒歩の旅」という事業を知ってもらうために効果的なところを考え、ポスターをさまざまな場所に貼っています。
やっぱり地域の方に「常総100km徒歩の旅知ってるよ!」って言われると嬉しいです!
なので、もっともっとみんなに知ってもらえるように頑張ります!

そして、昨日3月10日(月)はポスター貼りツアーをしてきました!

DSC02074.jpg
(↑左が“いっきー隊長”! 右が新メンバーの“かなやん”です!)

それにしても、ものすごい風でしたね。
しかもパラパラとなにか白いものが・・・!
あれ、雪だー!とみんなでびっくりしました!笑

昨日は、常総地域の「自動車学校」を回りました。
土浦、つくば、取手、我孫子、守谷の自動車学校の方がポスター掲示のご協力を受けてくださいました!
あたたかい地域のみなさんに感謝の気持ちでいっぱいです!
ぜひぜひ、自動車学校へお越しの際はポスターを探してみてくださいね☆
かわいい男の子が手を振ってくれていますよー!

DSC02081_20140311161154aa6.jpg
(↑左から“みゆみゆ”と“かなやん”!)

それでは、今後もポスター隊張り切っていきますよー!
次はあなたのお家の近くに出没するかも!?笑

以上、ポスター隊員のみゆみゆからでした!
  • 第8回常総100km徒歩の旅2014 第5回わくわくスタッフ会議

お元気様です!
空気はまだまだ冷たいですが、日差しの暖かさがだんだんと春に近づいてきていると感じられる今日この頃です。
2014年3月2日に取手市白山公民館で行われた第8回常総100km徒歩の旅 第5回わくわくスタッフ会議の様子を発信したいと思います。

今回、司会進行を務めさせていただきましたのは、
DSC_0499.jpg
社会人1年目(学校栄養士)「おいしい」から笑顔と幸せを広げる女日本一 えんぴーこと遠藤冴香です。初司会&ブログ更新、わくわくで行きたいと思います!

■開会宣言
DSC_0501.jpg
ちゃーりー 一日一個好きを見つける女日本一
「明日死ぬとしたら生き方が変わるのですか」(ちゃーりーの好きな本より)
明日死ぬと分かっている人はいない。もし、明日死ぬと分かったら生き方が変わるのですか?毎日を大切に一日一個好きを見つけていきたいと思う。

それでは、第8回常総100km徒歩の旅2014 第5回わくわくスタッフ会議を開会します。

■運営協議会会長挨拶
常総100km徒歩の旅での学びをより大きいものにするためにはどうすべきか、改めて考えさせてもらったお話でした。
DSC_0509.jpg
角田さん
新人さんが増えたから、初心に戻った気持ちで話をしたい。
「何故勉強は必要だと思う?」
 → 社会に出る為の一般教養を学ぶため? 
 → 社会に出て役立つのは勉強だけじゃないかもしれない。
 → «勉強自体が訓練であり練習である»
例を出すと、世界的に活躍するイチローは一本のヒットを打つためにものすごい練習を重ねている。
勉強を踏まえて、もう少し……「掃除屋さんに必要な勉強科目は?」
一見、勉強と関係なさそうだけど、突き詰めると化学だったりする。
「コミュニケーションに必要な事は?」 → 国語 
学問はどんなものでも必要。無意味なものはない。常総ではどんな事が学べるのか?4時間の研修で何を学べるのか?それぞれ考えて欲しい。


■HEROES3分間セミナー&本紹介
今回は4人のHEROESからわくわくな話をきかせてもらいました。
DSC_0512.jpg

1人目は大きな目をキラキラとさせながら手を上げてくれた、
DSC_0515_201403090401088f2.jpg
くす 未来を繋げる発進力日本一
教員免許取得の為に行った介護施設での介護実習について話。
実習で行った認知症限定の老人ホームで驚いたことは、施設に入っている人の中には校長先生だったり社長さんだったりした人が多く居た事。これから先生になるにあたり、子ども達にばかり目を向けていたと気付かされ、人生の先輩である方々の姿勢を見て、そこから学んだことを子どもに伝える事も大事だと思った。

2人目は手を挙げる練習をしていたら突然当てられてしまった、
DSC_0518.jpg
りっきー 秘めたる可能性を発揮する男日本一
アルバイトの話について
1年生から某ショッピングセンターのスーパーで品だしのアルバイトをしている。アルバイトを始めた当初は、品出しは地味だと思っていた。すぐに辞めると思っていたが、大学4年間続いている。なぜ4年間やれたかと考えたら、仲間意識を強く感じる仲間と一緒にやれた事が大きかったと感じている。これから社会に出て行くけれど、この継続力を使って頑張っていきたい。

3人目は新しくスタッフ会議に後輩を連れて行きてくれた、
DSC_0522.jpg
きさらぎ 広く柔らかく思いを巡らせる女日本一
2月にサークルの長を引退したが、今は、震災の宮城県内の仮設住宅内で学生がカフェを開く活動団体の代表をしている。3年前に東日本大震災があった。代表になり震災復興に関わって、被災地の見方が変わった。一般的な人はニュースを見てどう思っているのか。これから、震災についての報道かたくさんされると思う。そのニュースを見るとき「ああもう3年経ったのか」と感じる人もたくさんいると思うけれど、それだけではなく、「心配だな」という暖かい気持ちを続けて欲しい。

4人目は久々のスタッフ会議登場!我らがスタ募班長、
DSC_0558.jpg
ちゃっきー 世界中を幸せにしちゃう女日本一
就活でのグループディスカッションで聞いた話。
なにごとも(知識)×(努力)×(考え方)で決まる。考え方をプラスに捉えるかマイナスに捉えるかで、良くも悪くもなる。頭が良くても気持ちをプラスに持たないと意味ない。尊敬する菜々緒は、東京ガールズコレクションでトップになった。その時の菜々緒は自分が落ちるなどのマイナスの気持ちを一度も考えなかった。みなさん、なにごともプラスに考えていきましょう!

■社会人3分間セミナー
遠くはるばる新潟からやってきてくれた、
1781994_783165298380283_1217143824_n.jpg
とし 思いを繋げる男日本一
今、新潟県に住んでいて、寺子屋つばさ100km徒歩の旅という新潟の100kmに携わるようになった。その中で常総の良い所や寺子屋の良い所を感じる事ができた。常総はレベルが高いが寺子屋は今一番勢いのある100kmだと感じている。学生から社会人も含めて常総には6年間携わってきたが、いつか今の社会人さんが抜けていく時がくる。その時に、寺子屋で学んだ常総だけを見てきた人とは違った目線を持って、100kmをより良くする架け橋として機能出来たらと思っている。

■団長情熱講話
今回は家族孝行のため、前日からハワイに行った田島団長に変わりまして、突然の講話依頼でも難なくこなしてしまう100kmそして社会人の先輩から講話をいただきました。社会人でなくとも悩みは大なり小なりあるもの。その悩みを自分の成長の糧にしたいと思わされるお話でした。
DSC_0529.jpg
ゆーき 共に育つ男日本一
今回は働き始めてそろそろ2年間になるが、その中で感じた事を話したい。
最初の1年は仕事楽しいと口では言いながらもかなりキツかった。100あるうち90は辛い事、10良い事があれば良いかなと思っていた。その中で特に辛かった事が2つあった。
一つ目はめっちゃ怒られた事。怒られ慣れていないから、怒られると萎縮して、逆に動けず、また怒られるという悪循環だった。また体育会系に見られがちで、誤解を持たれていたようにも感じている。最近では自分を理解してもらえるようになり、また周りの教員と慣れてきたこともあってやっと楽しいと感じられるようになってきた。
辛かった事の2つ目は、自分が子どもに対して怒れない事。よく怒ってくれる先生は良い先生だと言われるが、自分もそうだと思っていた。でも、子どもと向き合うと受容してしまってなかなか怒れなかった。けれど、先輩教員から、ベテランにはベテランの、女性には女性の、新人には新人の担当する場所がある。自分に合った指導を考える事も大事だと教わった。自分らしい指導の仕方とは何かと考えた時、自分が思った事を素直に進めていこうと思った。そうじをするなら先生が一生懸命にやるっ!みたいな見本を見せようと思った。自分の働く学校の生徒は他の学校には無いくらい先輩を見習う。3年生が見本を見せて先輩が頑張る学校。その中で先生はもっと頑張ってお手本にならねば、一生懸命にならねばと感じ一年間過ごしてみた結果、それまで「叱る点を見つける」だったのが「より良くするために叱る点が目につく」ようになってきた。これが叱ってくれる良い先生の目線なのかと感じている。
社会に出ると悩む場面が多くなると思うが、悩む事も必要な事なのかなと感じた。悩みながら楽しみましょう!

■新規わくわく自己紹介
今回は5人のニュー★フェイスがスタッフ会議に参加してくれました。
簡単ではありますが、紹介していきたいと思います。

見事、男子フィギュア会初の金メダルに輝いた羽生結弦選手…に似ている
DSC_0543.jpg
日本大学生産工学部 3年生
高山純一(たかやま じゅんいち)くん
あだ名はもちろんっ 「ゆずる」
特技:お手玉 

社交ダンスについて熱く語ってくれた
DSC_0538.jpg
筑波大学生物学類 4年生
小池紫央里(こいけ しおり)さん
あだ名:しおり
特技:社交ダンス

100kmを通して苦手な人前に立つことを克服したいと語ってくれた
DSC_0572.jpg
麗澤大学 2年生
今津佳奈(いまず かな)さん
あだ名:かなやん
趣味:音楽鑑賞、ライブに行く事

大学1年生とは思えないしっかり者
DSC_0541.jpg
東京福祉大学 1年生
沼崎七海(ぬまざき ななみ)さん
あだ名:ざっきー
将来の夢:養護教諭

先日の体育祭、この日の説明会&スタッフ会議と積極的に参加してくれた
DSC_0548.jpg
獨協大学 3年生
池上若奈(いけがみ わかな)さん
あだ名:わかちゃん
特徴:一年間のフランス留学経験あり。スポーツ好き。

■わくわく新企画
スタッフ同士が交流できる楽しい企画の時間です!
DSC_0537.jpg企画・進行役:たかじょー 一歩踏み越えて考える男日本一

「わくわく記憶ゲーム」
ルール:お題に沿った返答を次々に記憶していき、より多くの人と情報を交換する。
お題:今、行ってみたい場所とその理由
1897684_783165031713643_457758854_n.jpg
より多く人と情報を交換し、記憶できるかが問われるこのゲーム。みんな、たくさんの人と話すために必死です。

今回の優勝者は…
5人と行きたい場所とその理由を交換して記憶した「くす」
たくさんの人と話した積極的な姿勢と記憶力にあっぱれです。
わくわく新企画は学生のこんな事したいという思いを叶える企画。
新企画運営委員会を中心にこれからもわくわくな企画をみんなで考えていきたいです。

■スタッフ募集班
今回はポスター、ビラ、SNSなど各隊に分かれて、これからのタイムスケジュールを話し合い、模造紙にまとめました。
DSC_0579.jpg
各隊の話し合いでは、それぞれでどんなことをしたら100kmを知ってもらえるか、興味をもってくれるか、たくさんの人が集まってくれるかなどについて活発な意見交換が行われていました。
1964863_783165118380301_1829713954_n.jpg
DSC_0584.jpg
スタッフ募集では、4月30日までに72人の学生スタッフを集めることを最終目標として活動中です。もし、このブログを読んで、興味をもってくれた方はお近くのスタッフ又はこちらまで(josostaff2014@gmail.com)

■わくわく研修
今回の研修を担当してくれたのは、
DSC_0592.jpg
ゆうすけ 誇り溢れる空間創造日本一

研修のテーマ:自己を見つめる
あなたの大事にしていきたい想いはなんですか?
DSC_0618.jpg
たくさんのキーワードの中から、自分の大事にしたい言葉を3つ選び、
どのキーワードを選んだのか、なぜそれを選んだのか、どんな意味、捉え方をしているのかなどについて3人グループの中で発表、質問をし合いました。
DSC_0623.jpg
まとめで、大事にしたい思い・価値観をベースに将来なりたい人物像を文章し、1年後、3年後、5年後、何をしていたいが、どうなっていたいかについて考え、代表として4人の人に発表してもらいました。
unnamed (2)
みのわまん、はーちゃん、としさん、めけて

最後に社会人さん2人にわくわく研修の総括をいただきました。
DSC_0653.jpg
阿部さん・角田さん
質問をし合う時、答えがYES・NOしかない「閉ざされた質問」ではなく、多様性のある答えが期待できる「開かれた質問」をするよう意識するとその人の想いをもっと引き出せるようになる。
目標は「書く事によって計画になる、計画は日々の実践によって現実となる」今回の研修の書く事は計画の練習。何でもいいから夢を書き出す事、そこから何か生み出せるかもしれない。

自分を見つめなおし、他の人と意見を共有・質問し合うことで、自分の考えを深めるきっかけとなる研修でした。

■学生による協賛事業 たかじょー
学生による協賛事業の目的の共有とメンバー募集の呼びかけがされました。
DSC_0662.jpg
8月の本番に向けて、スタッフ募集だけでなく、さまざまな活動が着々と動いています。みんなで、わくわくに進めて行きましょう!

■総括
DSC_0587.jpg
あすか 受容力日本一
MTGの様子を見ていて、名札を忘れている人がちらほら。しっかり名札をつけて、自分の名前をアピールしましょう!

■閉会宣言 
DSC_0603_2014030904430545e.jpg
いっきー 思いに寄り添う男日本一
名札を忘れた人の一人でした。お前だれや?とならないように、名札を忘れずにつけるようにしたい。

それでは、第8回常総100km徒歩の旅2014 第5回わくわくスタッフ会議を閉会します。


以上、熱い熱いわくわくスタッフ会議の様子でした。
内容盛りだくさんの回でした。紹介したい内容ばかりで長い長いブログになってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

■次回設定
日時:3月16日(日) 13:00〜17:00
場所:白山公民館
司会:いっきー
開会宣言:ぴくみん
閉会宣言:びね
タイムキーパー:ちゃっきー
PC操作:りえりえ
議事録:いな
  • 第8回常総100km徒歩の旅 第4回ワクワクスタッフ会議

大変、遅くなりました。

2月20日 中央学院大学にて行われました
わくわくスタッフ会議の司会をつとめました
麗澤大学3年広く柔らかく思いをめぐらせる女日本一 きさらぎです。

ミーティングの様子、お伝えいたします!

開会宣言: たっち
たっち
塾講師をしている。高校入試前。緊張感に包まれた高校生のサポートをしている。
自身は春から社会人。非常勤講師(小学校の先生)をしつつ、来年の教員採用試験に向けて頑張っていきたい。

運営協議会会長挨拶: 角田さん
DSC03249_20140308120540891.jpg

「強く優しい人間とは?」

主催者研修での綱領についての研修。
ゆーき:「自分に厳しく、他人にやさしい人間」
せな:「世間の価値にとらわれず、自分の意思をしっかり持っている人」

どうすればなれるか?

ゆうすけ:「困難なことを経験して、乗り越える。」

◎強く優しい人間
身体に負荷をかけて筋肉を鍛えるように、
心だって負荷(困難、経験)をかけなければ鍛えられない。

人間には心地よい場所がある。(コンフォータブルゾーン)
しかし。。。
成長するためには、自分を困難な状況に追い込むことが必要。

人は簡単に成長したなんて言えない。
落とし穴がないと成長しない。
成長のために、しっかり自分を見つめなおす修練をすること。


HEROS3分間セミナー

成長し続ける女日本一 ひーちゃんひーちゃん
角田さんの話から思ったこと。
中学の部活の先生から「自分の居心地のいい場所は自分でつくれ」と言われたのを思い出した。
「自分の場所は自分でつくる」意識していきたい。

他人の幸せを考える男日本一 せなDSC03261.jpg
「MDGs」のはなし
MDGs=Millennium Development Goals(ミレニアム開発目標)
→途上国の人たちが幸せに暮らすための目標


共に育つ男日本一 ゆーき
ゆーきさん
ピグマリオン効果(教師期待効果)のはなし
先生の立場から、よく聞いてくれるクラスには一生懸命教えたくなる。
一生懸命聞こうとすれば、相手も一生懸命教えてくれるということ。
聞く姿勢、大切。話がつまんないと感じるときは、自分の利く姿勢を見直すこと。
何事も自分次第。

立ち止まらない男日本一 改め 耳を傾け、手を差し伸べる男日本一 やまぴーDSC03271.jpg
新しい日本一宣言発表。(振り付け付き)
新しい日本一宣言は、前のから発展したもの。
説明会のプレゼンターをしたとき、みんなが手を差し伸べてくれた。
優しい人は強い人。そんな人になりたい。


人の喜びを共有し自分の活力にする男日本一 ぴくみんぴくみん
2か月ぶりのMTG参加。あと1か月で卒業。
100㎞で一番の学びは「困難なことを楽しんでいこうよ!」ということ。
100㎞で自分を変える一言に、みんんも出会ってほしい。

未来を変える行動日本一 あけ
DSC03458.jpg

2つ報告
・4月から休学すること
今やりたいことと、学校、100㎞、全部やるのは難しいと思った。
学生のうちにやりたいことをやる!
・3月末からフィリピンに語学留学すること
(角田さんの話から)自分に負荷をかけるために、留学することにした。

社会人3分間セミナー
受容力日本一 あすかasuka_201403081205371e2.jpg
セミナーできいたこと 「人の人生を変えるもの」
人の人生を変えるものは、「環境」と「人との出会い」
自分の行動を変えなければ、人生は変わらないのではと思う。
一歩踏み出す自分の行動を変えることで、人生がもっと変わる。

情熱講和 じぃじ

ziizi.jpg
先日、8日間アメリカへ行き、できるできる必ずできるの精神で旅を無難に終えることができた。
過去の経験が役にたった旅だった。苦しいことあっても、そのうち時間が経つと楽しかったなって思う。
困難なことがない人生なんてない。そのうち楽しかった思い出に変わる。
どんどん、困難なことに立ち向かっていってください。

新規わくわく自己紹介
たくさんの新規の方々が来てくれました!!!


三井 紳碁(みつい しんご)  しんちゃんDSC03284.jpg

筑波大学 3年 
第1回筑波大説明会に参加  現在、就活中!!


浪川 航 (なみかわ わたる) わたるwataru.jpg

麗澤大学経済学科1年
チラシで100kmのことを知って、麗澤大説明会に参加  趣味は読書。


藤野 未来(ふじの みき) めけてmekete.jpg

筑波大学化学類4年
みきてぃーだと呼ぶのが恥ずかしいという人もいるので、【めけて】で。
来年度からゆーきさんのいた筑波大学大学院教育研究科へ


三井 貴博(みつい たかひろ) みっちーDSC03306.jpg

筑波大学生物資源学類1年
同じ名字の人と初めて出会ってテンションが上がっている。


荻巣 稚雪(おぎす ちゆき) おぎんogin.jpg

日本大学 3年
楠&中溝先輩の紹介 土木を勉強中。


中川 雄太(なかがわ ゆうた) ゆうちゃんyutyan.jpg

中央学院大学2年
100kmを知ったきっかけは、弟が100km(09)の参加者で、チラシをもらって、説明会に参加した。


自分を、あなたをもっと知る!
〜手がかりはたった一枚の写真!〜

毎日を大切に生きていける女日本一 はーちゃん hatryan.jpg

写真の持ち主を当てる企画
DSC03319.jpg

普段見られないスタッフの別の顔や、近況、好きなものについてなど
とても楽しい企画でした!

スタッフ募集班より
一日一個好きを見つける女日本一 ちゃーりーDSC03337.jpg

夏に向けて 学生1人に2人の子供 のスタッフを募集中
《新》   目標達成人数 72人
      目標達成期限 4月31日

ビラ配りや授業告知、口コミ等、実際に自分がやったスタ募活動によって、
MTGや説明会に来てくれる人がいると嬉しい。
そんな体験をみんなにもしてほしい。募集活動にぜひとも取り組んでほしい。


3分間セミナー(スタ募バージョン)
人の頑張りに気づき認めて上げる男日本一
責任者統括 いっきー
DSC03339.jpg

隊に分かれる前の心構え
MTGに来てくれそうな人へ、
100kmの子どもに対する魅力だけでなく
自分に対する魅力も感じるような呼びかけが必要



スタボ総括 角田さん
今の頃のスタ募はいろいろ悩むし、大変な時期。
100kmはお金はもらえないけれど、8月には感動の涙という大きな報酬がもらえる。
恩送り(もらった恩は石に刻んで与えた恩は水に流す。) がんばりましょう。




わくわく研修
向上心日本一 はるか 
DSC03384.jpg


指導者研修の報告
2014年2月8日、2月9日
100km徒歩の旅の社会人・新社会人スタッフが指導者としての心構えを学ぶ。
はるかが話を聞いて、印象に残った人の覚悟]
①会社社長:毎朝、朝4時に起きて、トイレ掃除をする。6時に会社へ行く。
その人の目標は人の成長に貢献すること → 人の上に立つ覚悟を感じた。
②はが路100kmの若い女性:人にやらされるくらいなら、自分からなる!と思い、団長になった。
→自分からやると決めたからこその覚悟を感じた。

はるかさんによる研修
DSC03392.jpg

3人の職人がいました。
ある旅人が「何をしているのですか?」と3人に尋ねると、それぞれ答えた。

A 「見て分かるだろう。レンガを積んでいるんだ。」
B 「レンガを積んで、高い壁を作っているんだ。」
C 「レンガを積んで、大きなお城を作っているんだ。そしてみんなの喜ぶ笑顔が見たい。」

みなさんは、この3者をみてどう感じましたか?

実は、この「旅人と職人」。
「マネジメント」ドラッカー著に載っている話なのだそうです。

このあと、A,B,Cの職人についてグループに分かれて話し合いました。
“Aはさせられてる感がある”、“Cの言葉を聞くと手伝いたいと思う”、
“ABCを100kmに例えてみた”等、様々な意見が出ました!


まとめ はるか
Cはその仕事の先にある価値が目的。
ABCの中では、ビジョンを持っているCが一番幸せ。
大事なのは、大きなビジョン(夢)を持つこと。
そのためには、ビジョンを達成するための一つ一つの仕事を着実に行うことが大切。


わくわく研修総括 角田さん
指導者研修で同じ研修をしても、80%ぐらいはゴールに近づくが、
ゴール(ビジョンをもってレンガを積む)を言える人はいない。
《義務・責務・使命感》
使命感をもってどう仕事をするかが重要。
使命感を持つようになるためにどのように指導するかが、指導者には求められる。


MTG総括
誇りあふれる空間創造日本一 ゆうすけ
DSC03482.jpg

0302の研修を受け持つ(予定)。
自分が自分を好きでいたい。ということを自分の中に持っている。
自分の中で幸せのために何を大事にしたいか。
100kmをもっと、夢、自分の目的を熱く語れる団体にしていきたい。



以上、
ご報告とさせていただきます!
次回のブログもお楽しみに(すぐ!すぐ!来ます!お見逃しなく!)



次回設定
3月2日(日)白山公民館 
司会 えんぴー
開会 ちゃーりー
閉会 いっきー
PC  いな
議事録 つげる
タイムキーパー ぴくみん
  • ☆体育祭☆2014

お元気様です!

いつものミーティングや説明会とは違って今日は体を動かす体育祭の様子をお送りします!

運動は久しぶり?苦手?そんなちょっとの不安も素敵な一日に変えちゃう100㎞のみんなです。

まずは、3分間セミナー

いつもとは違い、体育座りで聞いてます。

体育祭1


それが終わり、いよいよ体育祭、スタートです!!

まずは、バスケットボール

グループ分けも本気です!体育祭だけど、ここは頭脳を使って男女、身長が平等になるように!
時間がかかってしまいましたが、なんとか分けることができました。

円陣の掛け声はそれぞれ!うおおおーーー!!!ほおおおーーー!!!

体育祭2


試合開始!

みんな一生懸命ながらもすごく楽しんでます☆

体育祭3



一生懸命過ぎてこんな顔に。

体育祭5


頑張ってますね♪

途中でじぃじからかりんとうまんじゅうおせんべいの差し入れが!!

体育祭4


くたくたの体にしみる~!みんなで美味しくいただきました、じぃじ、ありがとうございます!


バスケットボールもおわり、「落としちゃや~よ☆目指せ100回トス」です!
ルール:1回たりとも落とさずにバレーボールのパスを繋ぐこと

”100”㎞のみんなだもの、”100”回も余裕だよね!


まずは、2チームに分かれてのトス。

体育祭6


見事100回出来ました☆

体育祭7


最後に全員で100回できるかチャレンジ!

イレギュラーも全力で追いかけますが・・・

体育祭8


結局100回には届かず・・・


これは次回の課題ですね♪ 次はぜひとも100回成功させましょう!!


心地いい疲労感と少しばかりの悔しさが残る体育祭でした!

みんなのチームワークがまた良くなったような気がします。また、機会をつくって体動かしたいですね!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。