常総100km徒歩の旅 スタッフ活動日誌

     常総100km徒歩の旅の準備活動の様子などをお伝えしていきます。

常総100km今日この頃

こんにちは!
2014年新しい年が始まりましたね(´∀`*)
常総100km徒歩の旅は今年度で第8回を迎えます!
ここまで継続できているのは、地域の方々のご協力と
参加してくれる子どもたちの元気なエネルギーのおかげです♫
そしてこれからも皆さんのことを応援しています!

さて、昨年末からスタッフは、新しいスタッフメンバーを募集しています。
ブログを見ているそこの君!この夏、一緒に100km歩いてみないかい!?
筑波大学を始め、いろんな場所で説明会を行っています。
ホームページやFacebookページを見てみてください!

カレンダー(月別)

06 ≪│2013/07│≫ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Facebookページ

Welcome!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お元気様です!
7月21日(日)筑波大学で行われた第19回わくわくスタッフ会議のご報告をいたします

本日司会を務めましたのは・・・・

東京農業大学4年【笑顔を振りまく男日本一】
【かずきっち】こと中原和希です。
DSC01327.jpg
前に出るのが初めてだが大きな声で時間通りに終わらせます。

【開会宣言】

みっちゃん!
DSC_7527.jpg
本番も近づいてきてやらなきゃいけないことがたくさんある。
前向きに考えて、やらなきゃいけないこと一つ一つを考えていきましょう。
実りの多いMTGが出来るためにも、時間管理をしっかりしていきましょう。

【運営競技会会長挨拶】

角田さん!
DSC_7528.jpg
日本という国が置かれている立場とか国際政治とか踏まえた上で、日本人を謙譲の美徳、と表現する。
これは「言わなくてもわかるだろう」ということだが、これは国際社会では通用しない。
中国が領海侵犯を冒しているが、こちらも確固たる姿勢で意見主張を述べなくちゃいけない場面もある。
100㎞でもないっすか?言わなくてもいいや、波風立てたくないな、という場面。
言わなくてもわかってるだろう、というのは言葉にしないと伝わらない。
人間だから摩擦とか軋轢とかぶつかり合いはある。人間を磨けるのは人間しかない。
人間を成長させるのは人間。人間の器は人間とのかかわりでしか大きくならない。
色んな大学のメンバーが集まるこのメンバーですから、違和感を自分のプラスに変えられるような人間力を身に付けてほしい。

【3分間セミナー&本紹介】

ぴくみん!
DSC_7532.jpg
「成長とは」
物体Aは同じ速度で右側に進む。物体Bは、止まっている。
動きが変わらないのを、等速直線運動と呼ぶ。
成功の反対は、何もしないことだ、と教わった事がある。
一週間前、勉強をしていた。でも、ある時、何も進歩してないと思う瞬間がある。
その時、勉強してるばかりで受かる気がしないと相談した。
すると、同じことをずっとやっているんじゃなくて、
なぜ目指しているの?なにがしたいの?を考えてみたら?と言われた。
自分が進んでいるように見えても止まっているだけかもしれない。

みっちゃん!
DSC_7540.jpg
「原点に返って気付いた大切なこと」
最近自分の考えに息づまることがある。その時、「生きる力ってなんだろう?」の研修を振り返った。
こどもって最初はできないから無理やりにでもこちらから働きかけて前を向かせなくちゃいけない、
でも、ずっとそれじゃいけないと考えた時に、体操の先生のイメージ。補助。
できるようになってきたら補助を無くす。そしたら、どんどんできるようになっていく。
後は、保護者のような気持ちで見守る。この視点、大切だな、と思った。

たさきんぐ!
P7213028.jpg
「すべては考え方次第」
私は看護学科に通っている。
一ヶ月くらい前に実習に行った。その実習先の病院を決めるのに、話し合いをするが皆近い方を希望するので、誰かが移動してくれるでしょう精神で話し合いが進まなかった。
勉強していくんだけど、私も移動した身だから、前向きになれなかった。
有森裕子(マラソン選手)の講演をやっていた。生まれつき股関節脱臼。怪我が多い。が、そこでプラスに考えている人だった。
私も、せっかくだからその病院で学べることを学ぼう精神でやったら、実習がうまくいった。

たかじょー!
P7213039.jpg
「挫折も、大切な自分の糧となる」
プロフェッショナルという番組を撮りためていた。久々に見た。
ものづくり、ビジネスマンの話をドキュメンタリー。番組の構成は一貫している。
その流れとして概要⇒仕事内容⇒挫折
5話くらいまとめてみたが挫折ばかりだったが、必ずそれを乗り越えている。
あの人うまくいってていいな~と思っていても挫折の場面があるなと思った。
自分も挫折を乗り越えたらドキュメンタリーを作れるかなと思った。
いつかドキュメンタリーになると思うのでプラスに考えてください。

りっきー!
P7213045.jpg
「小さな一歩」
法務局があるので、一か月前から、最寄駅で中国人に話しかけられる。
以前矢崎さん研修で道を説明するというのがあったが、外国人バージョンだったので難しかった。
また、迷子になっている人がいた。帰り方がわからない。
日本語でメモを渡してみた。カタコトなんだけど、相手に感謝の気持ちを持たれた。
何気なくしたことがプラスの効果を発揮する。

ひーちゃん!
DSC_7551.jpg
「自分を信じて」
私が中一の頃から毎年夏に思っていること。
夏に吹奏楽コンクールがある。学校に行って、楽器を吹いて、積み込んで、会場に向かう。
他校の演奏を聞いて、その後リハ室とかチューニングルームとか回る。
すると、他校も頑張ってると思って不安になる。
でもやっぱり練習の質が結果に表れているから、結果発表の時に
金賞と呼ばれると、やっててよかったな、という気持ちになる。
自分のやってることに不安があっても、間違えていないという自信があれば、成功すると思う。

【社会人3分間セミナー】
aiko!
DSC_7558.jpg
「仕事と100㎞の繋がり」
社会人1年目。去年SNを務めた。
去年やっていて、こどもの安全を守るというのが仕事だった。
今子供と接する仕事、SNで学んだ事が、役立っている。100㎞を思い出させてくれる。
バスで登園してくる子がいる。30人のこどもの前後について誘導する。
その時に、2人しかいない。声を張らないといけないので、こどもに向ける注意が大きい。
こどもと日々接しているからこそ、去年のことを思い出している。

ねっち!
DSC_7563.jpg
昨年は11班リーダー。今は、荒川区の児童館職員として働いている。
仕事をして、1つ大きな失敗をした。その話。
1000人がくる大型企画の責任者をやった。企画書を出す。
右も左もわからない状況で見たこともない行事を組み立てた。前年度の物を参考にした。
上司に出したら、つっこみどころ満載だった。昨年度の物を参考にするのはいいことだが、
それを基準にしてどうするかは、自分次第だよ、という話。
100kmも7年目で参考になることはたくさんあると思うけど、でも、状況が違う。
こどもの人数もスタッフの人数も、コースも異なる。今年ということを意識してやってください。

しゅうほ! もっと輝かせる女日本一。 
DSC_7566.jpg
救護⇒サブリーダー。
あらゆることのきっかけとなった100㎞に、1日だけ参加します。
現在保育園で保育補助として働いている。
本を読んだり、散歩したりして、サポートしている。
こどもは好奇心が旺盛。公園では草とかお花とかに興味を示す。
それは普段私たちが歩いている何気ない自然を知らないということに気づきました。
大人でも知らないことがたくさんあるのに、こどもはもっと知らないことがたくさんある。
私たちが知っていることを伝えてあげるのが大事なのかなと思った。
100㎞でしか伝えられないことを、ぜひ伝えてあげてほしいと思います。

だんさん! SNの切り札!!
DSC_7567.jpg
「習慣」
筑波大学で2004年卒業。物理を勉強していた。
築地のがんセンターで半年入院。考え方を変えるということを話していた。
どうして病気になったのかな、ということを考えた。
がんはウイルスではなく、それまでの習慣だったりする。
自分の行動の中でいいものと悪いものを出してみる。悪いものが続いてしまうと、病気になる。
自分の身に置き換えて、自分の習慣がいい習慣なのか悪い習慣なのかは身に付けてほしいな、と思った。
今年も5日間参加します。よろしくお願いします。

【団長情熱講和】
田島団長!
IMGP0862.jpg
世の中にあるトラブルの90%は、コミュニケーション不足。残り10%はどうにもならない状況。
体とのコミュニケーションをとって、いい状態に持っていく。
この後の時間、室MTG。90分、どれだけコミュニケーションをとりあえるか。
各自責任と役割の中で悩むこととかあると思う。1人で抱え込む必要はない。
身近な人とか先輩とか社会人とかにぶつけていただければと思います。サポートしていくつもりですからね。
こどもたちの5日間は違和感のある5日間。その中での気づき、発見は多くあると思う。
寝食を共にする時間というのは気づきも多くある。

【救護講座】
DSC01348.jpg
進行は、まさこ!
DSC01349.jpg
救護スタッフがいなくても万が一のために行動できるように講座を開いてくれました!
 内容
・子どもを見る視点⇒体調不良を訴えをしてきた子を判断する基準。
・熱中症について
・筑波山
・健康状態確認

この講座で聞いた事を胸に刻むとともに、班の中で救護スタッフいると思うので、
「こんなときどうしたらいい?」ということを聞きくように心がけて、より理解を深めましょう!

【室MTG】

DSC01359.jpg
DSC01357.jpg
室MTGも今回を含めてあと3回・・。
皆、必死に取り組んでいます!!

【総括】

ぴんきー! きっかけを大切にする女日本一
DSC01392.jpg
SN⇒マネジ歩行係長
人材派遣の会社で働いている。スタッフが登録に来る。その人に紹介。その後のフォロー。
一年前は面接される側、今は面接する側。これから、まだまだ勉強することがある。
今の会社を選んだ理由は働いている人が魅力的だったっていうのもある。200人くらいで働いてる。
100㎞も、60分の1の中だと思うが、それ以上の力を見せてほしい。

みっちぇる!
DSC01393.jpg
人間ってなんでこんなにちっぽけなんだろう。
色んなことが起こっていて、自分にはわけわからんことがある。
やればやるほどわからないし、頑張れば頑張るほど無意味だし。
宇宙の大きさに比べたら大したこと無い。
100㎞も、なんであるのか本質的に突き詰めたらわからない。
天文学、幾何学、数学、音楽。
音楽だけは納得いかない。音楽とは、調和。ハーモニー。
今私たちが直面している問題も向き合ってみると、もっとシンプルに考えられる。
りょーすけという指揮者の元に、進行しているのであればベスト。

ゆうすけ!
DSC01395.jpg
インターンに行っている。おっきめの広告代理店の子会社で働いている。
Yahooの社員とグーグルの社員がきた。プレゼンをしてくれた。
Yahooはつまんない。グーグルは楽しい。
グーグルは聞き手のことを考えて、準備をしてくれた。
その1時間の価値は、こちらからしたら全然違う。準備は大切。
本番起こりうるであろうことをちょっとでも考えておくと、余裕が持てる。
想定できることを、リピーターに聞いておく。
あと2回のMTGもありますし、それ以外の時間も準備して、価値を作っていきましょう。

【閉会宣言】

きみちゃん!
DSC01398.jpg
この前ユーチューブで、えはらさんが、こどもは魂である時に親を選んで生まれてくる、という話をしていた。
この常総に入ってきたのは、自らの意志だと思う。魂の叫びの元ここに集まっているんだな、と思う。
本番に向けて、頑張っていきましょう。目をキラキラさせていきましょう。

【次回設定】
日時:7月28日
場所:中央学院大学
司会:しおりん
開会宣言:はーちゃん
閉会宣言:さかな
タイムキーパー:せな
PCそうさ:ちゃーりー
議事録:りょーすけ
スポンサーサイト
お元気様です!
7月14日(日)に取手商工会館で行われた会議のご報告をいたします。
DSC_7383 - コピー

司会を務めさせていただきました。
日本一宣言は人を暖かくする女日本一。今年度5班リーダーの田中紗季(たさきんぐ)です!
DSC00979_20130722150726.jpg

本日の会議は本番まであと4回!!!充実した会議になるよう心がけました!!



【開会宣言】
たんぽぽのように笑顔を咲き広げる女日本一 ちゃっきー

今日は久しぶりの開館宣言!
OBOGがたくさんいてわくわくしている。盛り上げて行きましょう!


【本気の綱領唱和】
大きな声を出すことはもちろんですが身振り手振りを用いて行いました。


【運営協議会会長挨拶】
角田会長
DSC00944.jpg

昨日試歩をやってきた。
試歩をしている人もいると思うが、自分を過信しないようにしましょう!
会議はあと4回だが、なかなか会議に全員揃っていない。室に別れたら本番を意識してほしい。

試歩でも厳しいことを言った。理解してやらないと子どもは死ぬ。いい加減そのくらいの意識はしていかないといけない。遊びに行くつもりで歩くのなら今からでもやめてください。
なんのためにここに集まって会議をしているのかを意識してほしい。

【HERO's 3分間セミナー&本紹介】
●努力し、自分を輝かせる女日本一 いな
DSC00949.jpg

久しぶりに3分間セミナー
一ヶ月くらい前、電車とホームの間に足が落ちた。
おじさんとかが引き上げてくれたから大事にはならなかった。
それから若干電車にのるのが怖くなった。
落ちた経験がなければ普通に乗る。そういう視点って無い。
本番もそう。予想もしてないところで怪我とか事故もある。
いろんな視点を持ってスタッフが対応して行かないといけない。
自分たちが当たり前にやってることも子どもたちには難しい。
そういうことを意識してこれから班MTGもしていかなくてはならない。

●+1のことができる男日本一 こんちゃん
DSC00951.jpg

団長の研修会の補講を受けていて感じたこと。
正直に言っちゃうと、親の五悪について、疑問を持った。
親が関わって良いことって誰が決めるのかな、良いっていうのは誰にとってなのか。
自分、こども、国、われわれ市民、こういったことってマニュアルなのかなって思った。
例えば、関わっていいことって挙げられても、それをやってない親は間違った親は間違いなのか。
まとめで100kmを成功させるためにって言われてすとんと胸に落ちた。
やっていく上でそれは違うんじゃないのっていうことはあるかもだけど、全部それは100kmの成長につながっていく。
そういうことも踏まえてよりよい5日間にしていきたい。


●未来を照らす生き様ロックンローラー日本一 サマー
DSC00953.jpg

びっくりした話。
午前中、救命講習に行っていたが、そこで、消防員の方で100kmの参加をされていたお母さんがいた。4年の時は隊列から遅れちゃう子で、5年のときは1日目から帰りたいと言っていて、親を呼んで親に言われてなんとか続けた子。
最後の話し合いの時に「言い残したことは?」って言ったら「3年間続けて自分に自信をもてた。みんなにも続けて貰いたい」ということを言った。
手紙には「いつか学生スタッフになりたい。サマーも子ども作っておいて」とあった。
100kmは可能性がある。2010年はSNが2人組で交代して毎年違っていた。今まででその子に30人が関わっていた。それってすごいこと。今年も頑張って行きましょう!!

●みんなの魅力を引き出す女日本一 しおりん
DSC00955.jpg

初めて3分間セミナーで手を挙げようと心がけてみた。
司会にアピールするためにも手の上げ方っていうのは大事。1人ひとりが意識する必要がある。
研修会で子どもたちと触れ合ってみて思ったことがある。子どもたちには自分から主張できる子はあまりいなかった。それでもこっちから聞けばちゃんと意見を持っている。それをピシっと手を上げるようにするのがスタッフの役目なのだと思った。


●0から1を生み出す男日本一 そのちゃん
DSC00956.jpg

人を変えるための方法を本で読んだので教えたい。
1:人の話、人と接すること
2:本を読むこと
3:映画を見ること
この3つが大きな方法、
僕は4つめとして4:自分自身の経験が大事だと思う。

自分を変えるためには意識を変える。意識を変えた次には行動を変える。
行動が変われば性格が変わる。性格が変われば人生が変わる。
このプロセスを実行していって継続していくことが重要
100kmでいえばこの5日、意識がかわり日常の行動が変わる。

●視野の広い男日本一 つっきー
DSC00960.jpg

なんで積極的な姿勢が必要なのか。
積極的な姿勢っていうのはMTGの中でいえば発言する。発言をする人っていうのは物事について興味を持っている人。興味をもつことはすごく大事。判断指針があるということ。

本番は、自分一人で何か問題を抱えて解決しなければいけないと場面があるかもしれない。
そういうとき、正解は得られなくても自分なりの行動をしていけばなんらかの答えがある。
MTG中に発言をしないと興味を持てなくなって、行動指針が作れなくなるのではないか。

発言の種類には3つある
1:前に話した人の意見に同意すること
2:反対すること
3:疑問を投げかけること
反論するのは難しいが、隣の人なら距離や親近感があるから話しやすい。
MTG中で違うなって思う人がいたら、隣にいたら手を挙げてみたらいいのではないでしょうか。


【社会人3分間セミナー】

●子ども心を忘れない男日本一 いっしー
DSC00962.jpg

自分は今老人ホームで働いている。認知症の人は話が通じない。会話のドッジボールみたいな感じ。配属されて3日で、何もしてないのに、車椅子のおばあちゃんがやってきて、
「あんたはチャラチャラしてる」って、つばを吐きかけられた。
まだ3日で大したことをしてないのに、悔しくなって、その人と積極的にコミュニケーションするようになった。そしたら、最近は対応が変わってきた。コミュニケーションっていうのは大事。コミュニケーションをしていってほしい。

●今を大切に活きる男日本一 セサミ
DSC00965.jpg

G-PDCAサイクルというのがある。
PDCAは聞いたことあると思う。
GっていうのはGoal。これはまさに人生に言えること。
100kmもまずは目標を立てて、計画を立てて、といようなサイクルをすることによって質が上がってくる。
このサイクルは、資格試験でも自分の夢でも、100%使えるものだと私は確信している。
このサイクルを意識して貰いたい。

特に大事なのはCheckとAction。これがなかなかできない。
このG-PDCAサイクルをみなさんに確立してもらいたい。

●思いをつなげる男日本一 とし
DSC00967.jpg

「予期できないことも予期してください」
100kmでも本番に向けて準備をしていると思う。
これ以上準備できないと思うくらい準備をしても予期しないアクシデントはある。

2010の救護室団補の時。準備したと思っていたのだが、溶連菌で何人も脱落者を出してしまった。私自身そのとき、結果論だが、そういう結果になってしまったのは準備不足だった。

予想外のことが起きた時に自分がどう対処するかをあらかじめ予想していればパニックに、なることはない。どういう軸を持って対処するかをあらかじめ決めておいてもらいたい。

人生においても同じ。人生でも予想外のことは起きる。自分自身の軸というものを決めていけば対処できる。


●社会人1年目 つぼ
DSC00970.jpg

会社で、「なんでだろう」とか「これ効率悪くない?」って思うことが結構ある。
先輩に聞いてもいいことなら聞くようにはしてる。聞きづらいことはあまり聞かないようにしている。聞かなくても自分の中に貯めておくようにしている。

何年もしていると慣れてきてしまうことも今の時期なら違和感を覚えれる。何年かして、自分が間違っていたのか、違和感が正しかったのかを判断できる。そこで、改めて仕事を続けていくのかなどを考えたい。

100kmも同じ。合宿の猛吠訓練もなんでこんなことするの?って思った人がいると思う。そういうのを大事にして、人に聞きながら消化していってほしい。

●共に喜びを育む女日本一 うさこ
DSC00973_20130722150729.jpg

100km1年目、自分に余裕が全然なかった。
想像力が重要。計画性とか準備ももちろん大事だが、何が起きるか1個1個を想像するというのをみなさんにはぜひともやってもらいたい。
今年は暑さがすごい。去年やったスタッフも今年は全く別物になってくると思う。
色んな話を聞いて本番のイメージを固めていってほしい。

自分の班だけでなく、他の班の子どもにも声をかけてほしい。


【団長情熱講話】
田島団長
DSC00975.jpg

心得を中心に参加していないと意味が無い。
特に全員参加も意識が無いまま参加していると、子どももスタッフも外れてしまうことがある。気がついた時に入れるようにケアしてあげるとかそういうのが必要である。

いまだに手を挙げられないというのは少し恥ずかしい。
1人ひとり意識して完成度を高めて貰いたい。
100kmでイベントをやることにそんな意味は無い。大事なのは自己研鑚をすること。

みなさんをボランティアとは呼ばないことになっている。スタッフとして頑張って行ってください!

【室ミーティング&情報共有】

【本番歩行内の役割について】
●子ども支援室団長補佐 困難なことの中にも楽しさを見出す男日本一 りょうすけ
DSC_7403.jpg

・共有すべきこと
「子どもたち130人全員が一人も欠ける事なく100kmを安全に歩き抜くこと。」
・班の中で意識すべきこと
『班の中で脱列者を出さない』
救護は健康管理、SNはコースの安全をおこなう。
・3室の立ち位置
救護:健康サポート・予防
セーフティ:安全サポート・コースの危険なところなどを共有
子ども支援:子どもたちを精神的サポート


【海老原先生のお話】
適当な毎回日本一 
DSC_7416.jpg

こういう暑い夏に100km歩く、通常では考えられない。
猛暑のなか1日平均2500人運ばれてくる。

頑張るのと無茶をするのは違う。
無理をしないで、自分の回りにいる人間に伝えられるようになってほしい。子どもたちの手前だからといって頑張りましょーとなってはいけない。体調管理をしっかり考えて貰いたい。

【総括】
●阿部さん
今日終わるとあと3回しかMTGはない。そこで情報共有しなくてはいけないということはある。
コミュニケーションの決定権は相手にある。自分で言ったつもりでも、相手が理解して無ければ伝えてないと一緒。

スカイプなどでMTGをやっていることは重々承知しているので、残されたMTGでしっかり詰めていってください。

●じぃじ
DSC_7421.jpg

試歩の件なんですけど、
できるだけ歩かないと、1日だけ歩けても5日歩くのは大変。
若いと思ってるかもしれないけど、これからの試歩、6回中4回は出席して、体力、持久力を付けてください。

●よっちゃん
DSC_7422.jpg

前に立ったときに日本一宣言を言ってください。
口にすることで改めて落とし込んでいってほしい
みんなの日本一宣言を覚えるのがすごく好き。
もっともっと自分のことを発信して行ってもらえたらと思います


【閉会宣言】

立ち止まらない男日本一 やまぴー
DSC_7370 - コピー

やることいっぱいでパニックになっていた。
だけど、ルーズリーフに書き出してみたら半分もいかなくて、これくらいのことでパニックになってまうのかと思った。タスク管理をしっかりしていきましょう!


【次回設定】
司会:かずきっち
開会宣言:みっちゃん
閉会宣言:きみちゃん
タイムキーパー:なか
PC操作:すずまさ
議事録:たかじょー

お元気さまです!!

6月30日(日)中央学院大学で行われました
第17回わくわくスタッフ会議の様子をお届けします!!

本日司会を務めましたのは…

麗澤大学4年【可能性に挑み、道を切り開く女日本一!】
『みゆみゆ』こと石井美幸です。

DSC_6991.jpg

初めての司会ではありましたが、仲間からのエールをもらい、
自分らしくユーモアある楽しい雰囲気で頑張りました!!


【開会宣言】

◆みのわまん

DSC_6995.jpg

マリンな感じでさわやかさ倍増!熱くなったら俺を見ろ!


【会長あいさつ】

◆角田会長

皆しっかり情報共有できている?
「私だけが知っている、または、私は知らない」という情報がないか?
本番になって役割を果たすためにも、わからないことをつぶしていこう!!!

なっちゃん(元救護の団補)が言ってくれたフランスの人の格言がある。
『チャンスは前髪しかない、後ろは禿(はげ)』
今しかつかめないチャンス!逃さないようにしっかり前髪をつかむんだ!!

皆さんが今取り組んでいるタスクや役割を自分なりに向き合って、一個一個片づけていこう!!
そこで学べたことはきっと後からわかる!!


【HEROES3分間セミナー】

◆たいし

DSC00170.jpg

昨日、試歩があった。歩くことは楽しい!茨城のマイナスイオンも感じた!
7班の日本一宣言は【一人一人の魅力を限りなく発揮する班日本一!】
ぜひ合同班ミーティングをしましょう!
-------------------------------------------
◆たかじょー

DSC_7021.jpg

「伝えること」ということを伝えたい!
教員採用試験のために、15000単語ぐらい覚える。
でも、実際に生徒に伝えるのは1500ぐらい!
残りは…??⇒バックグラウンド的な知識!
中学校の先生が話す言葉は、知識の裏打ちがある。
100kmもおなじ!
ミーティングで度も打ち合わせしているけど、5日間の中で伝えなければならない!
残り少ないミーティング頑張ろう!!
-------------------------------------------
◆たっち

DSC00175_20130706002740.jpg

3,4か月ぶりに話します!
小学校、母校での教育実習!
4週間の授業では常に前に立ちっぱなし。帰ったらすぐ寝ちゃう生活…。
時間に余裕がある時こそ、心得が大切!
焦った時でもなんとかなる!
-------------------------------------------
◆ふえ

IMGP0388.jpg

今日は7班無双!
学校に関する裁判の事例を取り上げる演習で、
“高校のサッカー中の落雷を顧問は予見できたか否か”という判例!
争点である「安全配慮義務」
予見できたとしても、先生が200人もの人に対していきなり中止、と物理的にできたのか?
「伝えること」という問題、100kmでも同じ!!
-------------------------------------------
◆くす

DSC_7039.jpg

1.またまた教育実習についての話題!
「子供たちに伝えたいことの10倍勉強しろ!!
知識のたった10%しか伝わらない。勉強不足が身に染みた。
2.伝えたいことはいろいろある
だが伝わるのは1割。今やってることだけで大丈夫なのか??
本番に対してどれだけ意識しているか?
100%以上でいこう!!


【社会人3分間セミナー】

◆しちりんさん

DSC_7042.jpg

青年会議所からやってまいりました。
昨年からの成長が見られてうれしい!
今年もよろしくお願いします!!!



【団長情熱講話】

◆田島団長

京都に行ってきた!
知恩院、三門…400年の時の流れを目の当たりした。
自分が100年前にいたら、何を感じていたのだろう?

---------

皆忙しいと思うが、不完全だと、子どもの命が守れない。
ベストコンディションでやろう!!
「できる人」というのは、仕事の量に拘らずできる!
仕事の整理、意識を高く持つこと!
責任感意識を上げるためにも、これから出席簿をつけていこう!
参与する楽しさも感じられていく!


綱領はすごく大切!
自分の実力で生きていると、コンフォートゾーン(自分の限界)に支配されてしまう!
口に出して意識を変えよう!
綱領を読むときに、身振り、ガッツポーズをつけてみよう!
ただ言ってるだけではわからないことがある。
引き気味で行くと、本当に引き寄せてしまう。
成功のイメージを持てば、必ず勝てる!!!


【室MTG&各室報告】

本日も室ごとに話し合いを行いました!
どのスタッフも生き生きと輝いています!!

DSC00140_20130706002738.jpg



【研修会について】


◆ふえ

《レクの狙い》
・子どもに100kmの本番を前向きな気持ちで迎えてもらう!
・子どもに100kmは自分の可能性に挑戦できる場であると気づかせる!
・スタッフは子どもの様子、特徴をつかむ!
・スタッフは子どもと本気で向き合う!

◆はるか

IMGP0380.jpg

《子どもたちと接するにあたって》
集団の中で、快適に過ごせるために…
1.話している人がいるときは、その人の話を聞く!
2.話している人の目を見て話を聞く!
3.「ありがとう」「ごめんなさい」というあいさつをきちんとする!
4.他の人を呼ぶときは、“お前”とか言わない!
※なぜ守らなきゃいけないのか、理由をちゃんと子どもに言えるように!

[綱領唱和]
◆たいちゃん
IMGP0389.jpg
 
力強い声だ!




【総括】

◆うさこさん

DSC00229.jpg

2010年度から常総100kmを3年間やっていました!
高校の英語の先生をやっています。
タスクがキツキツで焦りがあるのかな…?
でも、目標に向かって頑張れば、なんでもできる!!
今焦っている人は、どこに向かっているのか確かめよう!

*Past ――― Now ――― Goal! 

『I have been challenging for my gorl.』
これが言えるように!!今の状況がわかって、焦りがなくなれば言えるかも!!


◆角田さん

DSC_7093.jpg

出席率について考えよう!
なかなか出れない人がいると、扱いが難しい。
新規のメンバーについてはフォローしよう!
本来ならば100%来てもらいたい!
皆で声をかけて落とし込めきれていないことを確認しよう!
しっかりね!!


【閉会宣言】

◆げってぃ

DSC00238_20130706002835.jpg

不安なことは多いけど、イメージがわくと楽しい!
頑張っていきましょう!!
お元気様でした!



-*-次回MTG設定-*-
7月14日(日) 取手商工会館
◆司会・・・たさきんぐ
◆開会宣言・・・ちゃっきー
◆閉会宣言・・・やまぴー
◆タイムキーパー・・・たみお
◆議事録・・・おさと
◆PC操作・・・いっちー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。